MENU

旅先で大嫌いな義父と相部屋 二宮ひかり

作品詳細

タイトル
旅先で大嫌いな義父と相部屋 二宮ひかり
再生時間
119分
ジャンル
単体作品, 独占配信, ドラマ, 中出し, ハイビジョン, 辱め, 人妻・主婦
女優
二宮ひかり

私は義父の舐め回すような視線が苦手だった。夫に言われて仕方なくついてきた旅行だった、それなのに…。夫が仕事で抜けざるを得なくなり、置いてけぼりにされた私は義父とふたりきり…。気まずい空気の中、遂に義父が事を起こしたのです。

作品レビュー


  • 安定感

    二宮ひかりさんの作品はハズレがないのですばらしい。この作品もひかりさんの体の美しさがわかるよい出来だと思う。安定してますね。


  • 嫌がるひかりちゃん

    大嫌いな義父とでも感じてしまうひかりちゃん嫌がっても感じちゃう最高です


  • 女優さんだけで満点

    どっかで見たことある展開で、ストーリーはありきたりですが、この女優さんは素晴らしいですね。全くハズレがありません。天下とるかもです。


  • 2018年代のエロが良い…

    大人の色気も漂い始めてきた「ひかり」嬢。美麗であることは言うに及ばないのではあるが、ドラマ仕立ての作りと照度のなさは、華奢な上半身と不美肌な尻の隠蔽には役立つ。更に疑似の内容では、エロさは減少。本当に移籍をするか、二年前のエロをまた披露して貰いたい…。


  • ばえるちっぱい

    二宮さんの表情とちっぱいは儚げでありxされ上手だと思いました。和装もよく似合います。欲を言えば、嫌がる・悔しがる・諦める・悲しむといった感情の遷移が1つの絡みの中で表現できれば更によくなると思います。田淵さんは過剰な演技が鼻につくこともありますが、この作品・女優さんにはマッチしていると思いました。


  • 美しい

    ストーリーには特に目立ったところはありませんが、ひかりさん、本当に美しいです。


  • 美しさが際立つ

    ひかりちゃん、カワイイ女優さんだとは思ってたけど、この作品では「美しい」って思った。一度やられた後に、乱れた浴衣のままで座っている姿は、静止画でも購入したいくらいです。しつこい義父に、おもちゃも使われていたずらされて、嫌がりながらもよがっちゃう姿は興奮しました。また、最後まで「嫌い」って言い続けるのもよかったです。そんな簡単に「好き」になんてなる訳ねぇだろ、って思うんで。まぁ、甘々な「嫌い」ですが。ひかりちゃんがいうとそれもカワイイ。


  • 乱れた浴衣、縛られ舐め回されるのがたまらない

    ひかりちゃんがいろんな感じで犯●れ、終始嫌がるたまらない作品です。最初はやや乱暴に犯●れ、その後浴衣を羽織っただけの状態で後ろ手に縛られ厭らしく舐め回されされます。その後もお風呂、和室でエロく責められまくり嫌がるながらも身体は反応してるのが可愛くて激シコでした。やっぱりひかりちゃんはカワイイし白い肌、スタイルも好みで最高です。


  • ひかりちゃんはとても良い

    ストーリー的に好物だ楽しみにして予約しました。結果から言うとちょっと田渕っちゃんがくどすぎたかな。ねっとりしつこいのが彼の持ち味なんですが、デンマ、バイブのシーンはさすがに長すぎ。飽きます。前戯をじわじわ焦らすのとは違う気がします。別に義父じゃなくデンマとバイブさえあれば快感を得られるってことのような気がします。ひかりちゃんが嫌と言いつつ自ら挿入し腰を振りまくるところは見応えありますが田渕っちゃんのフィニッシュがより淡白に見えてしまいました。


  • ストリーに乗せたエロスの、お手本のような作品

    作品の世界観に引き込まれ大満足 です!夫と義父と3人で温泉宿へ旅行に行くと、夫は仕事の急用で帰ることに。義父と二人で残った二宮ひかりちゃんに魔の手が。というストーリーです。見どころは、嫌がりながらも徐々に感じていく二宮ひかりちゃんの本気のエロス。次は何をされちゃうんだろうかと、ついワクワクしてしまうんです。そして各シーンにグッとくる場面が必ずあります。二宮ひかりちゃんが、作品の世界観にぴったりの演技を見せてくれる。反対にセックスでは演技なく、素のエロさをしっかりと出してくれている。観終わった後は、ファンじゃなくても、きっと二宮ひかりちゃんのことが好きになります。


  • 好き・・・・・・

    ひかりちゃんは、タイプ。恋してる。すべてが好き好き。義父が羨ましい。


  • 浴衣姿のひかりちゃんが素敵過ぎる!

    一般の映画やシリアスドラマに出ても通じるほどの卓越した演技力のある女優さん。端正な顔立ち、そして表情や仕草の可憐さはまさに美少女。身体付きはスレンダーで抜群のプロポーション。そんな彼女がAV作品に出て喘ぎ悶えまくってくれる。その作品を見ている時は我々男達にとって至福の瞬間だ。義父に狙われ犯●れる時の彼女の演技には魅了される。困惑、羞恥、嫌悪、恐怖、諦念、そして逆の抵抗、哀願、怒り、そんな様々な感情を表現豊かに演じている。「お義父さまなんか大嫌い、イヤやめて、最低、変態、異常者」と義父を罵り続ける抵抗の言葉は最後まで終わらない。だから彼女は最後まで堕ちてはいないのかも知れない。息子の嫁を犯して自分の所有物にする事は自然であり、抵抗する嫁を「息子の嫁のくせに生意気だ」とか「可愛い良い嫁だ、お前は俺の物だ、言う事を聞け」とビンタ、スパンキング、首締め等、暴力的に犯してくる義父は変態や異常者を超えていて、狂気だ。あまりひかりちゃんが虐められ泣かされる描写は好きではないが、思わず魅入ってしまっている自分もいたりもする。いろんな意見の方もみえると思うが、やっぱり最後は堕ちきって貪り合う二人の濃密な絡み合いが見たかったというのが私の正直な本音かな?と思う。だが堕ちきっていない彼女と義父はこれからどうなるのだろう?翌朝、夫に電話で「お義父さまと一緒に帰ります」と話す彼女の表情はどうとったら良いのだろう?続きが見たくなる作品。ひかりちゃんに星5以外あり得ない。


  • 二宮ひかりに拍手です!!!

    二宮ひかりの美しさ、抜群の演技力、セクシーさが詰まった作品で素晴らしい完成度です。縛られたままの足首を持ち上げられてずっこんずっこん突かれるシーンは相当ヤバかったです!!!シコる手が止まりませんでしたwwwしかも体は充分反応してチンポ好き好きオーラ全開なのに、最後まで心は嫌悪感を抱いたままなんですねwwwストーリーも秀逸で楽しめました。時としてくどすぎる田淵氏の過剰で嫌味な粘着性やゲス性が、良い意味で活かされていた点も成功の秘訣だったと思います。より二宮ひかりの薄幸そうな美しさが際立ちました。美しくセクシーな二宮ひかりに拍手です!!!


  • 結局、嫌いのままだったの?

    二宮ひかり、スレンダーで顔もまぁまぁ可愛らしい。本作は、終始、義父役田淵にねっとり責められる内容で、全裸シーンも多く、風呂場やバイブ責めなどもあり、じっくり鑑賞出来ました。やっぱり、こういう作品はベテラン田淵うまいね。ひかり嬢は、何を言ってもずっと責め続ける義父役田淵の事を「嫌い!大嫌い!変態!」と言っていたが、このセリフがいつ「お義父さんのチンポ大好き。気持ちいい~。」に変わるのかと見入っていたんだけど、カラダは田淵のチンポを受け入れつつも、結局、最後まで「嫌い。」のままだったので、ちょっとズッコケてしまった。でも良い作品。満点です。


  • 進化をとめない演技力

    アタッカーズの作品はドラマ仕立ての凌●系なので、やはりストーリーの骨となる設定がしっかりしていないと作品の良さが出ない、料理でいうところのダシのようなものなのだが、今回も冒頭から義父を嫌っているという設定描写の演技が光っていて、その義父に犯●れるという嫌悪や屈辱という感情移入が残酷なまでに興奮を加速させる!和装(浴衣)で犯●れるというのも円盤では初(VRではある)なので期待値の高めてくれている。伏線としてはセリフから夫が帰る件も仕組まれたであろうものだし、旅館自体も過去の恩から支配下にあるという逃げ場のない状況が淫靡な状況を作り出している。やはり最初の絡みはいわゆる強●なので激しく拒絶するのだが、それはもう流石の一言に尽きる。今回は今まで以上に首を締められたり、ひっぱたかれたり、スパンキングがあったりでファンとしては痛々しくも感じるが、その頑張りは評価に値すると思う。そして初絡み終わりのいわゆるマン屁(?)がとてもエロくていい。直後の憎しみのこもった表情もすごくリアルでいいのだが、その後のシーンが拘束されてるわけでもないのに無反応というか無抵抗なのはどういう状況によるものなのかは理解が難しかった…このシーンではフェラの際の唾液が胸元をつたうのがとてもエロい!!風呂のシーンでは洗体、シャワー責め、この辺りからマインドコントロールのような調教がはじまり、絡みからの潮吹き部屋では玩具責めからの放置され、言葉では終始“嫌い、気持ち悪い”と言いながらも完堕ちしていくという内容でかなり盛り沢山という感じである。そして、全体を通しての田淵氏のねっとりとした卑猥なセリフ回しがひかりちゃんの演技と相まって作品のいやらしさを底上げしている良作!!

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次