MENU

快楽肉人形拷問工房 淫辱 為す術なく捕まって気が狂うほどイかされる敏感体質なヒロインの絶体絶命ピンチ! No.001 子宮痙攣のスーパーミニマム 千野くるみ

作品詳細

タイトル
快楽肉人形拷問工房 淫辱 為す術なく捕まって気が狂うほどイかされる敏感体質なヒロインの絶体絶命ピンチ! No.001 子宮痙攣のスーパーミニマム 千野くるみ
再生時間
119分
ジャンル
女戦士, コスプレ, 縛り・緊縛, 羞恥, 単体作品, ハイビジョン
女優
千野くるみ

犯罪ばかり犯している男たちを取り締まるため、特殊能力を秘めた女性たちによるヒロイン・セイバーたちが活躍していた。次から次へと犯罪者を検挙していき、一時は犯罪が激減した。しかし、ここ最近、国の安全を脅かす輩たちが跋扈し始めた。ダークサイダーと呼ばれる種族で、凶悪な手を使い女性を狂わせることに長けた男たちであった。彼らはヒロイン・セイバーたちの弱点を解明し、卑劣な手段を用いヒロイン狩りを開始した。

作品レビュー


  • ニーソックスの喘ぎ

    この作品にいわゆる「ヒロピン」ものの流儀を期待すると裏切られるかもしれない。他のレビューにもあるように、戦闘シーンが殆どないまま唐突に拉致されるところから始まるため、いわば「征服欲」を満たすことができないからだ。その点、最初からイメージプレイとして割り切ることが必要だろう。全体を通じて素晴らしいのは、この「ヒロイン」を一気に全裸にすることはなく、可動性のあるスチール製拘束具に完全拘束して、凌●の進行に従って徐々に徐々にコスチュームを剥ぎ取っていくからだ。イメージではあれ、ここに繰り広げられるのはあくまでも「ヒロイン」の凌●であり、そのためにはどこまでも「ヒロイン」の「香り」を残しておかなければならない。そして、一つ一つ脱がせることにより、「凌●」を「儀式」化することに成功している。「ヒロイン」としての誇りは、やはり「マスク」にある。それを剥ぎ取られることにより「女」になる。それでも「ヒロイン」の「変身コス」である「ニーソックス」と「グローブ」だけは決して外さない。この「女」が「力を失ったヒロイン」でなければならないからだ。そして「変身コス」を身に着けている以上、「ヒロイン」として凌●を受ける。最後の挿入シーンでは「ニーソックス」を愛撫しながらの行為であるところは高く評価できる。ここで、主演女優が「ロリ顔」であるために「ロリータ凌●」ものとしての側面があることは認めざるを得ない。最後まで身に着けさせられる「ニーソックス」は「ロリータ」ものでしかない。しかし、その肉体はまさに成人女性の色香を漂わせるものであるため、「ヒロイン」を「少女」として無力化したような効果を与える。その肉体が、更に決して逃れることのできないスチール製の拘束具に捕らえることにより圧倒的な力に屈服させられる姿には欲情させられずにはいられない。全体が危ういバランスの中で均衡を保っている。内容は単に拘束し「性具」を用いてアクメに導くという単純なものである。しかし、主演女優の容姿と拘束具、そしてコスチュームが奇跡的に「儀式の空間」に統一感をもたらしているように思われる。最後に、拘束凌●ものとして評価する場合、動きが極端に制限されることもあるため、単に潮吹きだけではなく(単なる放尿を演出で用いる場合がある)、やはり「愛液」を垂らすことが必要だと思う。その点、主演女優は素晴らしい濡れ具合だ。


  • 通常通り

    タイトルほどインパクトはなく、通常通りのベイビーの責め。女優の反応も特筆すべき点は無し。


  • 個人的にドストライクだった

    ヒロインピンチ系は好き嫌いが分かれるので他人に勧められるかは話が別だが個人的には今までに観たAVの中で五本指に入る出来でした抵抗できないけど動ける程度の適度な拘束コスチュームを剥がされる屈辱の演出容赦の無い責めだけど決して乱暴ではないどれも加点ポイントが高かったですダメなところを強いて言えば最初に5分くらいはまともに闘うシーンがちょっとくらいあっても良かったかも本当に為す術なく捕まるのでヒロインピンチ系や拷問系が好きならオススメです

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次