MENU

‘実の娘と円光’しています。でも娘は私に無関心です。桃色かぞくVOL.15 花音うらら

作品詳細

タイトル
‘実の娘と円光’しています。でも娘は私に無関心です。桃色かぞくVOL.15 花音うらら
再生時間
122分
ジャンル
近親相姦, 女子校生, 単体作品, ドラマ, ドール, ハイビジョン, 辱め
女優
花音うらら

前作が好評につき、シリーズ第2弾。高〇生の娘がさえない父とお金をもらって性交している異色の近親相姦ドラマ。娘は何をされてもポーカーフェイス。前作にはなかった、おやじのねっとりベロキス&顔舐めも描かれている。娘の無表情な顔は、興奮と新しい凌●感を感じられる。

作品レビュー


  • 前回より良い

    前回、母親にバレ、そこまではまぁ許すとしても、その後、母親の前でもやっちゃうという何じゃこりゃ展開で冷や水を浴びせられた感があったが、今回は、それがない。背徳感がウリなのだから、バレそう、というスリルはあってもいいけど、バレちゃったら話は終わりだと思う。女の子も、前のコより好みで、ソファーの上で、クンニされながら乳首をいじられ感じているのに無関心を装うところとかたまりません。水着でフェラのシーンの後の、薄いブラウスを着ながらバックでやっているシーンはもっと長く欲しかった。あのシーンのうららちゃん、すごく可愛かったので。後は、どっちみち無理やりチューする(というか口の周りを舐め回す)のなら、更に強引にベロを口の中に押し込むシーンも見てみたかった。感じているのに無関心を装っているうららちゃんが、無理やり舌をねじ込まれてちょっと喘いじゃうとかあったら更に最高!まぁ、口の周りを舐め回すだけでも前回よりは高評価だけど。


  • 前作と同じように秀逸なのだが

    やはり、幾ら金の関係と言えど無言は無理があるかな。親父との行為中のリアルに会話など挟んだらより素晴らしい作品になると思う。前作と比べると父を受け入れている感はあったけど、和姦になったその後が観たいですね。次回作の期待を込めて☆4で。


  • サイコーです

    普通の作品が好きな人には低評価かもしれませんね。ずっといやいやされるがまま耐えてますから。そういうのを求めてる人には最高傑作だと思います。うららちゃんのこの路線の続編、VRもぜひ見たいです。


  • いいけど何か物足りない

    確かにうららちゃん可愛いし抜けるんだけど、やはり積極的にエロい方が好きかな。


  • 「女優」の演技

    花音うららは好きな女優。大手メーカーで予算をかけた作品を作ってほしいと以前から思っていた。演技力が極めて高い。表情が素晴らしい。説明的な芝居をする女優は多いが、花音うららは目にも表情が宿っている。杉山もこの手の役は慣れているし、極めて精巧に作られた作品。内容が内容なので絶賛はしづらいが、監督の腕が発揮された傑作。


  • 監督の「行間読ませたい願望」が強すぎ

    宮沢ちはる作品よりは多幸感や未来志向が感じられる脚本に変化が見られるが、わずかな情報だけ与えてあとは見てる側で察してくれという監督の婉曲思考は度を越している。単純な作品は作りたくないという気持ちは分からなくはないが、これだと伝わらな過ぎて分かる奴だけ分かればいいという監督の自己満足で片付けられちゃうレベル。娘のわずかな所作の変化で心理を読み取ってくれよというカラミも、生ハメや中出しに対する反応すらなさ過ぎて結局は伝わってないし、何より見てて面白くない。ユーザーは監督の思考を理解するために金を払ってるんじゃないし、女優や男優やユーザーに多くを望みすぎて破綻してないか、考え直したほうがいいんじゃないだろうか。このままだと少数の「俺には理解できるぜ」っていう頭でっかちで選民主義好きの同類自己満足ユーザーしかついてこない気がする。


  • 実娘設定はキツイ

    実娘設定はキツイ。嫁の連れ子とか血がつながってない設定でお願いしたい。ファンタジー中出しなのもキツイ。


  • 前作の

    宮沢ちはる編とあまり変わらない。親父に対して無関心なのは大いに結構ですが、もう少しひねりが欲しいね。例えば行為の最中に日常会話を入れるとか、若しくは親父のダメ出しするとか、無言過ぎちゃって。

  • 作品画像

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次